Qlioplus

フジパンの瀬戸内レモンケーキが美味い!口コミや販売時期も調査!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

 

待ってましたッ!!!

いよいよ今年もセブンでフジパンレモンケーキがお目見え!

2016年に大好評だったので今年も販売されたんだろうね!

 

 

あれ?でもよくみるとビミョーに去年とちがう気も・・・

スポンサードリンク


フジパンのレモンケーキ最高!

レモンケーキとはその名の通り、レモンの形をした焼き菓子のこと!

レモン型のスポンジの上にレモンチョコレートがかかってるのが特徴。

懐かしパンの定番でもある。昭和40年代にめっちゃ流行ったらしい。

 

 

 

2010年代頃からふたたびレモンケーキブームが到来、

その筆頭がフジパンのコレ!

 

o0480036013690181142

 

まずパッケージがそそられるよね。

黄色いから目立つし紙袋っぽい感じが余計においしそうにみえる(*´ω`*)

菓子パンコーナーに置いてあるけど洋菓子に分類されるみたい。

 

 

 

だから冷やしてもおいしく食べれるし食べ方もいろいろ!

あの袋を開けたときの瞬間といったら(*´∀`*)

 

 

 

ころんとしたフォトジェニックなレモンケーキがもぉたまらん!!

 

 

 

かわいい見た目はもちろん、個人的にフジパン史上最高傑作だと思う。

ほどよい甘さとレモンの酸味が効いたしっとりスポンジに、

レモンチョコのコーティングが口の中で絶妙にマッチするんだよね(*´∀`*)

 

 

 

コーヒーのお供にもちょうどよく、朝食やおやつタイムにもピッタリ!

 

 

 

これが2つ入りで100円だよ?しかも税込み価格(゚д゚)!

見た目もよく、お得感もありながらちゃんと美味しい!

すべてにおいてバランスが取れてるので大ヒットするんだろうね。

スポンサードリンク


 

瀬戸内レモンケーキって何?

そんな最強レモンケーキが今年はさらに進化!?

マイナーチェンジを図ってさらにスゴイことに!

 

 

 

 

税込み100円はそのままながらパッケージが刷新されてたよ!!

なんだ瀬戸内レモンケーキって??

レモンケーキだったのに『瀬戸内』が加わってるぞ。

 

 

 

瀬戸内産のレモン使用”とは書いてないからイメージ戦略の一環かな。

なんとなく名物っぽいネーミングだと余計においしそうに感じるもの。

 

 

 

ちなみにレモンといえば広島県が生産量日本一!

温暖で年中雨の少ない瀬戸内海の気候はレモンの栽培に最適なんだとか。

”瀬戸内レモンケーキ”っていうのはご当地名物のようだね。

 

 

 

広島と香川がレモン果汁の産地をめぐって熾烈な争いを繰り広げてるw

もちろんお取り寄せも◎夏のお取り寄せにもピッタリ!

せっかくなら本家本元の瀬戸内レモンケーキを味わってみては?

 

 

 

▼香川県産オーガニックレモン100%使用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

話題の希少糖入りスイーツ 瀬戸内レモンケーキ【ギフト/内祝】
価格:1836円(税込、送料別) (2017/7/4時点)

 

 

▼広島県産レモン果汁使用

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

瀬戸内レモンケーキ|71119:食品(直)
価格:648円(税込、送料別) (2017/7/4時点)

 

 

 

原材料や作り方はフジパンのレモンケーキとほぼおなじ。

さすがにコスパはフジパンに遠く及ばないけどΣ(´∀`;)

 

 

 

とはいえ、フジパンが『レモンケーキ』から

瀬戸内レモンケーキ』に商品名を変えたことで一躍大ブームの予感!?

 

販売時期はいつまで?

クセがないので毎日でも食べられるフジパンのレモンケーキ。

残念ながらそうもいかないんだな。

都内だとセブンイレブンでしか売ってないし(たぶん)夏限定ときた。

 

 

 

去年も9月ごろには店頭から無くなっててショック受けたもん・・・。

おそらく今年も8月までで姿を消してしまうんじゃないかと。

 

 

 

2個で100円とかコスパ良すぎだし利益的にも通年販売は厳しいのかも。

期間限定にしといたほうが話題性も高まるしメディア注目度も大。

フジパンもなかなかの策士よのぉ(´ε` )

 

 

 

なんたって口コミも上々!夏限定としてすっかり認知されつつあるし。

 

 

 

毎年夏になると食べたくなるあの味・・・

フジパンのレモンケーキはもはや夏の風物詩の新定番かもしれない。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top