Qlioplus

柴田ひかりは文化学園大学?私服が可愛い!愛用カメラも気になる!

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

「CHOKiCHOKi GiRLS」「Zipper」などで人気読モとして

同世代の女性から絶大な支持をあつめる柴田ひかり

インスタフォロワー9万人超えがその人気ぶりを物語ってるよね!

スポンサードリンク


プロフィール

894

柴田ひかり

生年月日:1997年2月13日(20歳)

出身:神奈川県

身長:163cm

趣味・特技:カメラ

所属:アソビシステム

 

 

まず驚かされるのがそのマルチっぷり!

大学生、モデル、フォトグラファー並行しながら活動してるなんて!

どんだけリア充なんだwww

 

 

 

15歳のときにCUTiEに出て以来、

ずっと仕事と学業との両立生活だから時間管理術に長けていったのかも。

 

 

 

ちなみにデビュー当時の将来の夢は

昼間は古着屋をやりながら夜は小さな食堂を開きたい

とのこと。

 

 

 

1つのことに特化するよりも、同時にいろんなことを

並行するほうが性に合ってるんだろうね!

 

 

 

ファッションに目覚めたのは友達が原宿系だったことがきっかけだそう。

まさかじぶんが青文字系カリスマモデルとして

活躍するようになるとは夢にも思わなかったのでは?

 

 

 

人間って他人にインスパイアされることで

どんどん思いもしなかった方向に進んでいくからおもしろいよね(*´∀`)

 

文化学園大学で確定?

学生の頃から芸能活動をやってたせいか大人っぽくみえるけど

まだ成人したての20歳!大学3年生だというからビビる(;´Д`)

 

 

 

大学名は公にはしてないんだけど服飾系ってことは判明してるよ。

しかも東京都内とくればもうここしかないでしょ!!

 

 

 

文化学園大学

代々木にあるファッション分野を中心に学べる大学だよ!

渋谷や原宿までも徒歩圏内なのでオシャレ感度を高めるにもうってつけ!

 

 

 

服装学部の偏差値は35〜37

敷居も低いので仕事と勉強との両立もしやすいよね。

好きなことが学べてモデルにも役立つ知識が身につくんだから一石二鳥!

 

 

 

少なくとも入学当初は”将来古着屋を開きたい夢”をもってたわけで。

だとすればノウハウが学べて仲間が集まりそうなところを選ぶにちがいない。

文化学園大学に通ってる可能性はかなり濃厚とみた!

 

 

 

文化学園大学といえばタレントの布川敏和を父にもつ

モデルの布川桃花も通ってたよね(´ε` )

布川桃花の経歴とプロフィール!オシャレでかわいいと話題!?

スポンサードリンク


私服コーデが個性的&オシャレ

服飾系の学生でファッションモデルとくればオシャレなのは言うまでもない。

 

 

青文字系モデルなので奇抜さ全開かとおもいきや、私服は意外とシンプル。

サブカルをこよなく愛する文化系女子って印象だね!

 

 

 

インスタはもちろん、ファッションアプリ『WEAR

でも私服コーデを披露してるよ!

20160919182443682_500

柴田ひかりの公式WEAR

 

 

ただWEARの更新頻度はまちまち。

 

 

事務所の先輩にあたる田中里奈みたいに

更新頻度上げればいい勝負できそうなのに(。・_・。)

持ち前のマルチタスクぶりをもってしてもなかなか追いつかないのかな。

 

愛用カメラはコレだ!

なんといっても個人ではフォトグラファーに力を注いでるからね。

ポートレートサイトを立ち上げたり東京や地方で写真展までおこなうほど。

ライフワークとして撮影してるようだけどどれもセンスバツグン!

HIKARICAMERA

 

 

 

被写体のモデルの自然体な表情や仕草をうまく引き出してるよ。

もしかしたらモデルよりもフォトグラファー向きかも?

 

 

 

ちなみに愛用カメラはいくつかあってデジタルはコレ。

 

 

ちなみによく聞かれるのですがデジタルはfujifilmのX-T10を使ってます

出典元:柴田ひかり公式ブログ

 

 

 

ちょっと前まではジッパーのカメラマンに紹介された

CanonのG10を使ってみたいだけどね。

撮影シーンとか気分に合わせて使い分けてるのかも。

 

 

 

ほかにも中古で買ったleicaのコンパクトフィルムなども併用。

さすがは両立マスターwww

仕事にかぎらずカメラ使いもマルチなんだね(´ε` )

 

 

 

モデル、学生、フォトグラファー・・・

新進気鋭のマルチクリエイターの活躍から目が離せない!!

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top