Qlioplus

藤井聡太四段の扇子はどこで買える?キュボロや将棋盤は在庫あり?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

藤井聡太四段の人気ぶりがヤバい!

それもそのはず!2016年12月のデビュー以来負けなし、

「新人連勝記録」で歴代1位とくれば人気に火がつかないわけがない!

スポンサードリンク


 

藤井フィーバーにあやかってグッズ販売されるもどれも品薄状態!

日本将棋連盟から発売された『大志』と書かれた扇子は

オンライン発売したものの、たった数秒!で完売だもんな(;´Д`)

 

 

 

そもそも300本製作じゃ少なすぎるよね?

ファンのみならず、転売目的の人たちがこぞって購入したがるわけで。

 

 

 

再販を待たなくてもネットで買えるものの、

もはやとんでもない跳ね上がりっぷりヮ(゚д゚)ォ!

 

今すぐ扇子を手に入れるには?

秒殺で売れた扇子は6月下旬から再入荷予定だとか。

ただ原材料に使われる竹が品薄で最長3ヶ月待ちとなる可能性も・・・。

まさかここまで反響を呼ぶとは予想もしてなかったみたい(;´Д`)

 

 

 

再販のアナウンスについては将棋会館の公式サイトからおこなわれるので

急ぎでなければ待つのがベスト!定価で買えるからね!

 

 

 

本来なら税込み2,268円で買える藤井聡太四段の上扇子。

ただ、連勝記録更新中の今だからこそ手に入れておきたいファンも多いはず。

 

 

 

再販まで待てない!というのであればいますぐ買えないこともない。

楽天やAmazonをのぞいてみたところ・・・

 

 

 

 

なんと10倍ものプレミア価格がッ!!!!

高い、いくらなんでも高すぎる・・・

 

 

 

ヤフオクやメルカリでも似たり寄ったりの状況。

買えるけど買えないといったところが現状のようだね(;´Д`)

 

 

 

手書きだったらまだしも、印字でこれはあまりにも高すぎる。

先を見越せなかった将棋連盟の販売戦略が滑稽に映ってしまうw

 

子供の頃に使ってた将棋盤もバカ売れ!

そもそも将棋との出会いは5歳のとき。おばあちゃんから教わったのがきっかけ。

両親や兄弟(4つ上の兄)は将棋と無縁だったのが意外すぎる!!

 

 

 

おばあちゃんがいなかったらそもそも棋士にすらなっていなかったかも・・・。

お父さんはサラリーマンでお母さんは専業主婦の一般家庭だからね。

 

 

 

おばあちゃんは孫の隠れた才能を見抜くだけでなく、

興味をもたせて才能を育ませるコーチング力もスゴい!

 

 

 

遊んでるうちに自然とルールが覚えられる『スタディ将棋』を買ってあげたとか。

駒に進み方が矢印で示されているのでルールが分からない初心者でも

楽しめるし、これなら子どもの遊び心にも火がつきやすい!

 

 

 

折り畳み式の盤と駒台もセットになってるので持ち運びも◎

すぐに興味をもっておばあちゃんと飽きずに対局してたそうだよ。

楽しく遊びながら学べるおもちゃとして捉えてたんだろうね!

 

 

 

そんな将棋をはじめるきっかけとなった道具とあって、こちらも売れ行き絶好調!

藤井四段に憧れて棋士をめざす子どもも増えるだろうし、

お子さんに将棋を習わせるのであればぜひ手に入れておきたい。

 

 

いまのところ在庫切れの心配もなく、定価で買えるのでこれなら安心(*´∀`)

スポンサードリンク


キュボロは入荷待ち状態!

将棋のきっかけを与えてくれたのはおばあちゃんの影響であれど、

デビュー以来負けなしの規格外の強さは両親の影響も大きいのでは?

 

 

 

親が試しに買い与えたという「キュボロ」が育んだ才能は無視できない。

キュボロ(cuboro)とはスイスのキュボロ社が開発した玩具のこと。

 

積み木を組み立てそこにビー玉を転がして遊ぶ立体パズルのようなもので

将棋に必要とされる直感力が養われるんだとか。

3歳からキュボロで遊んでたおかげで知らぬ間に将棋の才能が育まれてたなんて!

 

 

 

先日、大阪でおこなわれた対局後に

(勝てたのは)僥倖としか言いようがない

と中学生らしからぬ語彙力でも世間を驚かせた藤井四段。

 

 

キュボロを親から買い与えられたのも僥倖としか言いようがないw

 

 

 

発売元のキュボロ社にとっても僥倖がもたらされることに。

2017年1月6日放送のNHK番組で藤井四段を育てた積木・立体パズル

として紹介されたことで瞬く間に注文殺到!!

 

 

 

大手通販サイトでも軒並み入荷待ち状態になってるよヮ(゚д゚)ォ!

 

 

ま、天才を育むのに一役買った商品に違いないからね。

藤井フィーバーの勢いはまだまだ留まるところを知らない。

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top