Qlioplus

ペンス副大統領の妻・カレン夫人と娘が美人!家族写真にうっとり?

どーも、ポジだよ☆彡

 

 

トランプ政権に移行して初となる副大統領の公式来日。

麻生太郎副総理との間で日米経済対話を行うのが目的だそう。

 

 

ペンス副大統領だけではなく、夫人と娘も一緒に来るそうだよ。

おぉ!これは注目されそうだね!

なんといってもトランプの妻と娘が超美女だからね。

イヴァンカ・トランプの夫や子供は?整形疑惑や豊胸手術の真相も!?

 

 

副大統領の奥さんと娘も期待できるんじゃないの?

マスコミに話題をさらわれる前に調べてみたよ(´ε` )

スポンサードリンク


プロフィール

90392616_gettyimages-82675557

マイク・ペンス

生年月日:1959年6月7日(57歳)

出身:アメリカ・インディアナ州

学歴:ハノーヴァー大学-インディアナ大学ロースクール

所属:共和党

出典:Wikipediaより

 

政治経験もある元弁護士のエリートキャリア!

 

 

トランプの右腕として第48代副大統領に就任したペンス副大統領。

これまで実業家一筋で政治経験ゼロのトランプと違い、

2001年から政治家として活躍するなどキャリアも豊富!

 

 

下院議員、インディアナ州知事の経験があるんだよね。

さらに前職は弁護士!オバマと一緒じゃん(´ε` )

頭も切れそうだしトランプの暴走を食い止める役目も果たしてくれそうだね!

 

 

もともと保守派同士で思想・信条的にウマが合うのか、

トランプから副大統領として指名を受けただけでなく、

娘のイヴァンカや息子のエリックらも猛プッシュしてたそうだね。

 

 

共和党内では主流派寄りの人物として名高く、

トランプ政権の橋渡し的な役割も担えるのでまさに適任!?

共和党の支持母体にあたるキリスト教右派というのも見逃せないね。

 

 

ちなみに副大統領としてはブッシュ政権時の

チェイニー元副大統領をお手本にしてるそう。

 

 

史上最強の副大統領」「影の大統領」と言われて

絶対的なナンバー2の地位をキープしつづけた人だよね。

 

 

先人に習おうとするオマージュは吉と出るか凶とでるか?

政治能力が試されるのはまさにこれからが本番!

4カ国訪問はそんな外交手腕が試される第一歩といえるかな。

スポンサードリンク


セカンドレディを務めるカレン夫人

大統領夫人をファーストレディと呼ぶのに対し、

副大統領夫人のことをセカンドレディと呼んで区別するアメリカ。

大統領の2番目の妻という意味ではないんだね(;´∀`)

 

 

ファーストレディのようにマスコミに取り上げるように

なったのは20世紀後半以降。

なので意外とセカンドレディの存在を知らない人も多いのでは?

 

 

現職のセカンドレディを務めるのがカレン・ペンス

言うまでもなくペンス副大統領の奥さん!

 

カレン・ペンス

生年月日:1958年11月18日(58歳)

出身:アメリカ・カンザス州

学歴:バトラー大学

 

ペンス副大統領より1個上の姉さん女房なんだね!

姉さん女房の夫婦は相性がいいって話を裏付けるようなラブラブぶり(*´∀`*)

 

 

年上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」なんて格言があるくらいだもんな。

女性は心に余裕を持ちやすく、男性は必要以上に気負わなくていいのが

姉さん女房夫婦がうまくいきやすい理由なんだとか。

 

 

教会のミサでギターを弾いてたところで出会うなど馴れ初めもロマンチック!

大学で芸術学を学ぶなどかなりアーティスティックな夫人なんだね。

 

 

元教師のキャリアをもち、セカンドレディをこなしながら

建築物を描く画家としても活動中だそう。

根っからのキャリアウーマンタイプなんだろうね(*´∀`*)

 

仲睦まじきインスタ家族写真

ただ、そんなキャリアウーマンぶりが災いしてか

じつはバツイチという意外な過去が・・・!!!

 

 

ペンスとは1985年6月8日に結婚してるのでかなり昔だけど。

すぐに離婚してるので相性が悪かったんだと思う。

 

 

長く生きてたら苦い過去は誰だってあるもの。

ペンスとの間にできた1男2女のあたらしい家族でみごと挽回!?

 

Mike Penceさん(@mike.pence)がシェアした投稿

左から

長女:シャーロット・ペンス

次女:オードリー・ペンス

長男:マイケル・ペンス

 

 

さすが政治家と教師の間に生まれたエリートチルドレンたち!

育ちの良さや知性が滲み出てるよね。

トランプの子供たちと違ってギラギラ感がまったくないw

 

 

叩きがいのあるトランプファミリーとくらべると

いささか優等生すぎる印象もあるけどね。

 

 

だからこそ抑止力の求められるナンバー2に最適なのかも・・・

ポジっとな☆彡

スポンサードリンク


よく読まれている記事

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Return Top